【割り切り体験談】24歳パイパン小悪魔系アパレル店員と激しいH【PCMAX】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ある平日の午後3時のことでした。仕事の休憩時間にいろんなPCMAXの日記を見てたらなんだかムラムラと。。。

ここで悪魔がささやきました。

悪魔(定時上がりで今日女の子と会うべきだ。)

そしてつい手を出してしまいました。

以前PCMAXで知り合った24歳のアパレル店員の子が今日暇しているという日記を書いていたので思い切って連絡をしてみることに。

すると…

天使(ダメよ、今日は仕事しなきゃでしょ)

悪魔(大丈夫だ!行け!)

天使(でも今日は。。。)

悪魔(少しくらい仕事手を抜いても平気だ)

結局悪魔が勝ってしまいました。

メッセージを送ってからすぐ返信があり、そのままラインIDを交換してチャットに。

いつも思うことですが勢いて大事です。

ラインIDを交換するまで人によっては時間がかかったりしますが、相手が求めている(誰かと会いたい)ジャストなタイミングにこちらからアプローチしてあげるとすんなりと交換ができてしまいます。

仕事中でしたが、仕事してる風に見せかけスマホ片手にやりとりを続け定時を待ちました。

時間になった所で仕事を切り上げ(周りの冷たい視線を感じながら)約束した某駅に向かうことに。

会ってみるとさすがアパレル店員オシャレ!

こんな娘も出会い系やっているからやめられない。

街中で「あ、あの子可愛いな!ああいう子てどこで知り合えるんだろう。。。普通に生活していたら無理か。。」

と思うことがあると思いますが、出会い系だったら普段繋がらない(繋がれない)子と知り合え、出会えるチャンスが一気に増えます。

様々な目的で出会いを求めている人が多い時代だと思いますが、ネットの出会い系はやらないと本当にもったいないと思います。

彼女と落ち合って軽く談笑したところで

彼女が「もうホテル行く?」

と、笑。こういう直球の子大好きです。「YES」以外の答えが見つかりません。

言わずもがなホテルに直行しました。

ホテルまで

「可愛いから、彼氏居るでしょ」

「うん、居るよ」

こんなこんな会話をしながら向かいました。

ホテルに着き、部屋に入るとさっそく彼女の表情が豹変。

抱いてアピールです。

こちらもそれに応えようと軽いキスからディープキス、胸、お尻をモミモミしながらゆっくり服を上から順に脱がせていきました。

おっぱいはちょうどいいくらいのサイズで乳首をクリクリいじりながらたっぷり舐めてあげました。

「ああぁん。。。ああぁん。。。」

とよい反応でこの時点で管理人の息子も一気に勃起!

そのままお腹からおへそにかけて愛撫しつついよいよ彼女の気になるアソコへ。

パンツの上から指でクリ周辺をタッチしてみた所軽く湿っており管理人も大興奮。

そして、クンニしようとパンツを脱がした所、、、

なんと!

彼女…パイパンでした。

しかも綺麗!パイパン好きとしてはたまりません。

「何?彼氏の趣味?」

と聞いてみたところ

「うん~。。。でも恥ずかしい。。。」

こんあ答えが返ってきました。

その後は、マン汁で濡れた綺麗な彼女のオマンコをくぱあしてシャブリつき軽く堪能しました。

このまま流れで入れちゃう感じかなと思っていたところ、彼女からちゃんとシャワー浴びたいと申し出があったので二人でシャワールームへ。

シャワーを浴びながら

「彼氏居るのに、平気なの?」

「大丈夫だよ」

「彼氏ともするでしょ?」

「う…ん、一人の人だと飽きちゃって」

こんな会話をしつつベットに。(なんだかエッチを楽しめそうと確信)

ベッドに入って、さっそく彼女のフェラ攻撃が開始。

「おぉ…ねっとり、、気持ちいい。。。」

途中からシックスナインの態勢へ。

顔の目の前に彼女の綺麗なオマンコが出現。さっきのクンニでは満足しきれてなかったので今度は満足するまで思いっきりしゃぶりつきました。

クリ周辺を小刻みに舐めてあげたところ

彼女「あぁ、ふぅん。。。」

と良い反応を見せていました。

そしてフル勃起になった管理人の息子をしゃぶる彼女。シックスナイン最高です。

10分くらいお互いに舐め合った所で

「もう、ゴムしちゃう?」

と聞いてきたので

「うん!」と二つ返事でゴムを付けてもらいました。

彼女の股を開き、チンポの先っちょを彼女のクリちゃんに少しスリスリし十分に濡れていることを確認しつつ挿入準備をしました。

「入れるよ」

「うん…」

そのまま、ヌプッと挿入。いい感じの締まり具合でした。

paipan_1

ゆっくり腰を動かすと

「ぁあ~ん。。。」

緩急をつけバランスよく突いていきました。

彼女のアソコから「ピチャピチャ、ヌチョヌチョ」という音が出始めた所で彼女の両足をマングリ返し直前くらい持ち上げ挿入部分を見せつけ

「入って所見える?エッチな音沢山出てるよ」

と言って

「ヤダぁ、、恥ずかしい、、、!!」

と顔を赤らめていた彼女は本当に可愛かったです。

その後も、激しく腰を使って突くと

「ぃやあ~激しいのいい!」

と反応する彼女。

腰を掴んでさらに激しく突き

「ダメ~イッちゃう~!」

ベッドがギシギシギシ…

こんな感じが続き、両者汗だくに。

最終的には

「いくよ~!」

「来てぇ~」

と20分ほど二人して果てました。

ベッドで仰向けになってハァハァ…

「ごめんね早くて.,.」

「もう~飛ばし過ぎ!笑」

とやりとりしつつ、少し休憩して2回戦をしました。

全部のプレイが終わった頃には23時くらいになっていたのでシャワーを浴びてホテルを出ました。

「また、会いたいね。今度は、ゆっくり」とお互い会話しつつ最後は駅で別れました。

この子とはもう一度会ってセックスしそれ以来会うことはなくなりましたが、いい思い出の一つとなりました^^

⇛この女の子と出会ったのはこちら≪18禁≫

⇛会えるサイト&会えるマル秘テクはこちら