【出会い体験談】ロリフェイス25歳むっちりおっぱい娘とH【セフレ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

second_1

今日はPCMAXがきっかけで定期的に合うようになったある25歳のロリータフェイスのむっちりおっぱいの彼女とのエピソードをご紹介したいと想います。

その日は会うのは2回目で最初会った時から数ヶ月経っており久々の再開となりました。

待ち合わせ場所に着くと少し暖かかったのもあって白の涼しげな服装の彼女。

「久しぶりー、どうしてた?」

とか雑談しながらホテルへ。

ホテルについてからも軽く話して

「最近は忙しくて全然してないだー」

とのことだったので早速一緒にお風呂に入ってちょっかい出しつつイチャイチャしました^^

ここで一つ驚きが。確か前回パイパンだった彼女。

「あれ、パイパンやめたの?」と聞くと

「そう、剃るの面倒くさくなった、笑」

と彼女が答えました。

管理人はパイパンも大好きですが、去年くらいから毛があった方が何故かエロさを感じるようになりました。

久しぶりで期待しててくれたのか割れ目の周りを軽く押すように揉んでるとピクッピクッと反応してくれました。

そんなことしてると彼女もスイッチ入ったのかおもむろに管理人のオチンポを触ってきました。

そろそろ出ようかってことでベッドに移動なんとな~くまったりしてると

「舐めていい?」

と聞きながら答える前にフェラを始める彼女。

「舐めるのが大好き」って言ってましたので流石の行動です^^

最初だというのに無言でずーっとしゃぶってました。

Mっ気のあるということは分かっていたので彼女頭を押さえつけてグッと喉奥まで押し付けてそこから頭を持ってグイグイしてあげました。

その後は腕枕の体勢になって首筋から耳にかけてキス。

新しくわかったのは彼女は耳穴を吸われるようにキスされるのが効くみたいで

「んあ~!あっ!」

と感じてくれてました。

鎖骨からデコルテも触ったりキスをしながら愛撫して徐々に胸を責めていき、続けて横や下の胸の付け根の辺りも。

意外とその辺をキスしたり舐めてあげると反応ありますそうやって外側から段々と乳首に向かって登るように焦らして感度をあげていきました。

なんといっても、彼女のウリはムッチリおっぱいと感度のいい乳首!

最初、優しくゆっくりとおっぱいを揉みつつ、口で乳首に触れるギリギリ、乳輪まで舌で可愛がって時々わざと乳首に触れてビクッと反応楽しんでから不意に一気に吸い上げると

「んあっ!」とよい反応を見せてくれました。

この時点で散々我慢させてたので強く吸われてかなり感じるようになっていました。

舐めながら、吸いながら、指で引っ張ったりしながら・・・

両方たくさんいじめ吸い上げられたり、引っ張った時の反応が良かったのでそういう責めをたくさんしてあげました。

前回よりも明らかに感じてくれてて楽しかったです、笑

乳首で遊び終わると、お腹や脇腹の普段ならくすぐったいところを指を滑らせながら段々と下に。

相変わらずの綺麗なオマンコの恥丘、そしてクリの近いところを舌で押したり吸い上げたりしながら微妙な刺激で彼女のオマンコを感じさせていき十分濡れた所で軽くバックに。後ろから彼女の反応を頼しみつつ探っていきまいた。途中

「キスしたい!」

というリクエスがあったので裏から回り込んで激しくキス。

そこからは態勢を変え一気に正常位に持込みお互い行くまで激しく突いてあげました。

直接的に触らないので彼女からしたら焦らされてる感覚がつよいので、時々切ないような声が漏れてるのがとても楽しかったですニヤニヤ

そのままフィニシュしてその日は2時間程度あっさりお別れしました。

ちなみに彼女がしきりに「電マ使ってみたい!」と言っていたので次回使ってみよう!

という話の流れになりました。

その時のエピーソードはまた後日にでも^^

⇛この女の子と出会った掲示板はこちら≪18禁≫

⇛会えるサイト&会えるマル秘テクはこちら